神奈川県の永代供養墓を取り巻く状況

main-img

日本は、2060年前後まで年間死者数が130万人を超えると推測され、慢性的な少子高齢化や過疎化による先祖代々の墓の後継者不足により、永代供養墓や墓じまい、海洋葬、樹木葬を希望する高齢者が特に東京都や神奈川県などの関東圏を中心に増えています。



永代供養墓は、年々下落し続けながらも平均190万円程度必要とされる一般的な埋葬墓とは対称的に3万円前後で請け負う業者も存在し、長く続く経済不況に喘ぐ一般家庭のニーズに最も適していると考えられています。

東京の自然葬に関する耳より情報です。

背景には、経済不況だけで無く、都市部への人口集中による宗教儀礼の慣習及び意義の継承が断絶により、団塊の世代以降若くなるほど仏教離れが顕著に見られるだけでなく、日本人の民族性の根底にある無宗教に起因する死生観変化が更に葬送方法に対する無関心さを助長しているとされています。

その為、直葬や散骨に留まらず、第1次葬としての火葬後の遺骨の処分を斎場に任せるゼロ葬が部分収骨の慣習のある関西圏だけで無く、東京都や神奈川県などの関東圏でも行われる様になっています。

又、遺骨を宅配便で寺院に送りつける送骨による合祀型の永代供養墓で供養を行っている寺院もあります。

神奈川県で行われている永代供養墓には、他の遺骨と供に同じ墳墓に弔われる合祀墓や各故人の骨壷をロッカーなどの個別スペースに納骨する納骨堂、高額な墓標を建立しない植樹葬などが神奈川県の永代供養墓の主流となっています。

minp!の最新情報を掲載しました。

耳より情報

subpage01

神奈川県は、全国第2位の人口914万人を抱え、2040年頃まで年間死者数が増加し続ける事が分かっている県でありながら、墓地不足や墓地の高騰などに効果的な対策を行っていない県ですが、横浜市や横須賀市、川崎市、相模原市、藤沢市、平塚市など幾つかの市町村では公営の霊園を開設するなどの対策が行われて、諸条件を満たせば当該地区外の居住者の受け入れを行っています。神奈川県は、横浜市や横須賀市などの都市部のある西部と国定公園などのある東部では墓問題の内容が大きく異なります。...

more

社会が気になる方

subpage02

日本では、天孫降臨を起源とする皇族を除けば宗教に傾倒する事無く、執政者の意向や生活水準、時代背景に合わせ第一次葬として土葬や風葬、鳥葬、水葬、舟葬など多様な自然葬が行われて来た経緯があります。しかし、昭和23年の墓地、埋葬等に関する法律や感染症法の施行により、第一次葬は火葬、第二次葬として墳墓や供養塔への埋葬が義務付けられ、1991年10月まで自然葬は行われなくなっていましたが、琉球地方では洗骨を行う自然葬が2回葬の形で昭和40年代まで行われていた記録が残っています。...

more

難しくない社会

subpage03

神奈川で父の自然葬をすると記憶に残る、近所の人が噂をする、位牌を大事にしたくなるなどがメリットです。神奈川で自然葬を依頼すると、父の遺骨は海の中か森林が生い茂る山のどちらかに葬られます。...

more

1から学ぶ社会

subpage04

神奈川県は、極東国際軍事裁判で板垣征四郎や東条英機、木村兵太郎などA級戦犯として処刑された7人が東京湾に散骨以来戦後2回目の散骨された経緯を持つ県であり、1991年10月に神奈川県三浦半島沖の相模灘で強行された散骨が契機となり日本全国で自然葬が行われる様になっています。現在では、墓地、埋葬等に関する法律は散骨を想定外とし、刑法190条及び191条は節度ある葬送目的ならば問題無いとされた事でグレーゾーンではあるが、法律には抵触しないとされていますが、国による法整備がされていない事で地方自治体独自の禁止条例や規制条例を制定しています。...

more